topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 甲斐国一之宮浅間神社

 寺社の種類:式内社(名神大)論社、甲斐国一宮、旧国幣中社、別表神社
 創建の時期:景行天皇年間と伝えられる
 主祭神:木花開耶姫命
 本殿の様式:流造
 所在地:山梨県笛吹市一宮町一ノ宮1684
 訪問日:2016年2月11日

 

河口湖浅間神社と一宮浅間神社とともに延喜式神名帳の甲斐国八代郡浅間神社の論社の一つとされた神社です。

浅間神社の神門
境内に舞殿と拝殿
三条実美の歌碑
子持ち石

国道20号線沿いの大鳥居からわずかに入ったところに国幣中社浅間神社の石柱と神門が建っています。境内には拝殿を中心に舞殿、社務所などが建っていました。

拝殿
拝殿
第一宮の神額
拝殿の脇に舞殿
拝殿の脇に社務所
境内に護国者

拝殿の裏手には十二支参りの新しい石像や富士石、成就石があります。

人形の門をくぐり十二支参り
十二支参り
富士石
成就石

甲斐武田氏の信仰も厚かったと言われ、境内には明治の元勲三条実朝により建立された武田信玄の歌碑があります。

関連記録・コース
 Back