topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 飯盛山寛喜寺(明王院)

 寺社の種類:真言宗御室派の寺院
 創建の時期:嘉禎元年(1235年)、鶴岡八幡宮別当の定豪が開山
 所在地:神奈川県鎌倉市十二所32
 訪問日:2016年2月10日

 

鎌倉幕府四代将軍・藤原頼経の発願により建立された寺院です。

本尊は五大明王不動明王を中心として大威徳明王(だいいとくみょうおう)軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)降三世明王(ごうざんぜみょうおう)金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)からなる五体の明王です。

かつてはそれぞれの明王堂があったことから五大堂と呼ばれていました。火災などによる消失で再建された本堂には焼失を免れた鎌倉時代の不動明王と江戸時代に造立された四明王が安置されています。

 訪問日:2016年2月10日

春には梅の花が咲くと言う境内も芽ぶきを迎えるにはまだ時間がかかりそうです。庭園には小さな霜避けのワラボッチがありました。

明王院の案内板
境内の奥に本堂
参道に延命地蔵
茅葺の本堂
芽吹きにはまだ早い境内
本堂に千社札
庭園の先は庫裏か
本堂の裏に小さな鐘楼
お守りなどがあります
霜避けのワラボッチ

 

 訪問日:2017年11月16日

明王院は鎌倉三十三観音霊場8番札所です。梅の咲く時期はたくさんの参拝客が訪れるところのようですがこの時期はひっそりとしていました。

五大堂明王院の石柱
簡素な山門
明王院の案内板
御朱印の受付
ひっそりとした境内
茅葺の本堂
境内に古い石塔

 

関連記録・コース
TAG:鎌倉アルプス 2016年2月10日
 
 Back