topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 三嶋大社

 寺社の種類:式内社(名神大)、伊豆国一宮、伊豆国総社、旧官幣大社、別表神社
 創建の時期:−
 社殿の様式:三間社流造
 所在地:静岡県三島市大宮町2丁目
 訪問日:2015年11月3日

 

東海道と下田街道が交差する三島の地に祀られた神社で延喜式の名神大に列格された古い神社です。源頼朝の旗揚げ以来武将の崇敬が厚く鎌倉幕府の歴代将軍は代々三嶋大社を参詣しています。

石柱と大鳥居
境内の石碑
春には桜の咲く参道
たたり石

三嶋大社を訪れたのは七五三を目の前にした休日、週末に行われる三島祭のためか市内では交通規制が行われていました。

北条政子が勧請した厳島神社
参道の先に総門
御手水場
絵馬堂

参道にはたたり石や厳島神社などがあります。たたり石は東海道の中央にあった大きな石で往来の整理をするために設けられていたものです。たたり(絡?)は糸のもつれを防ぐ道具で現在は交通安全の霊石として境内におかれていると言います。

神門
天然記念物の金木犀
舞殿の先に拝殿
拝殿
拝殿の軒に彫刻
拝殿の奥に本殿

総門をくぐると右手に三嶋神社の金木犀があります。樹齢1200年を越える古木で国の天然記念物に指定されている古木です。

境内の摂社
境内の摂社
境内の摂社
神社の案内板
 Back