topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 富士山本宮浅間大社

 寺社の種類:式内社(名神大)、駿河国一宮、旧官幣大社、別表神社
 創建の時期:垂仁天皇3年(BC27年)と伝えられる
 社殿の様式:浅間造
 所在地:静岡県富士宮市宮町
 訪問日:2015年11月3日

 

全国に点在する1,300社余りの浅間神社の総本社です。延喜式神名帳の名神大社、駿河国浅間神社とされる古い神社です。

古くから噴火を繰り返してきた富士山は火山神、浅間信仰の山として信仰されてきました。噴火を神の怒りと考え富士山本宮浅間神社をはじめ北口本宮富士浅間神社、小室浅間神社など富士山を取り囲むように多くの浅間神社が祀られています。

朱塗りの大鳥居
湧玉池から流れる神田川
参道にはたくさんの屋台
大きな石柱と鳥居
参道にはたくさんの屋台
参道の総門

富士山の8合目以上は浅間大社の境内と言います。富士山の山頂に奥社が祀られ、山麓に富士山を遥拝する山宮、湧玉池の傍に里宮である浅間大社が祀られています。かつては浅間大社と山宮浅間神社を往復する山宮御神幸が行われていたと言います。

境内に石像
鉾立石
拝殿にたくさんの人の列
拝殿の神額
境内の案内板
朱塗りの拝殿

浅間大社を訪れたのは11月3日、折からの例大祭が行われ市内には数基の山車がひきまわされていました。大鳥居をくぐった参道には出店が店を並べ、たくさんの人で込み合っています。

南極の石
富士山の火山弾
2階建ての本殿
湧玉池の水屋神社
富士山の湧水が湧き出す湧玉池
湧玉池

朱塗りの総門をくぐると正面に社殿です。朱塗りの社殿は慶長9年(1604)徳川家康が造営したものと言います。拝殿の奥には浅間造と呼ばれる2階建ての本殿がありました。

湧玉池
駿河赤心隊の碑
駅前で出発を待つ山車
参道に山車
参道に山車
市内を引き回す山車

境内の右手には湧玉池があります。富士山の伏流水が湧き出したもので、かつての富士山信仰ではここで禊ぎをしてから山頂を目指したと言います。

関連記録・コース
 Back