topimg

あの頂を越えて

史跡探訪

~歴史の流れをを訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~歴史探訪~

 源頼朝の墓

 観光地の種類:史跡
 所在地:神奈川県鎌倉市
 訪問日:2015年5月22日

 

正治元年(1199年)頼朝は相模川橋の帰りに落馬しそれがもとで53歳で死去したと言われています。その亡骸は法華堂(現在の白旗神社)に葬られたとされています。

頼朝の墓は頼朝の子孫と自称する薩摩藩主・島津重豪により安永8年(1779年)に建立されました。

手書きの案内板
源頼朝墓所
源頼朝の墓の案内板
急な石段を登って

近くには源希義公の土と石の案内板があります。希義は頼朝の兄弟です。平治の乱源義朝父兄が死亡した後、頼朝は伊豆に、希義は土佐国介良荘に流されました。

源頼朝の墓
希義公の土と石の案内板
源頼朝の墓
島津豊後守忠久石塔道

治承4年(1180年)頼朝の挙兵のとき希義は平氏方に討ち取られ兄弟は再開できませんでした。案内板ではお互いの墓所の土と石を交換し兄弟の再会をさせたと書かれていました。

 Back