topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 二本松城(霞ヶ城、白旗城)

 城郭の構造:梯郭式平山城
 築城の時期:応永21年(1414年)畠山満泰
 廃城の時期:明治5年(1872年)
 主な城主:畠山氏、二本松氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏、加藤氏、丹羽氏
 所在地:福島県二本松市郭内3丁目
 訪問日:2015年5月1日

 

築城は畠山満泰が応永21年にこの地に居を構えたとされます。天正14年(1586)に伊達政宗により畠山氏が滅ぼされると、豊臣秀吉の奥州仕置により会津領に組み入れられました。

そそり立つ石垣
二本松少年隊の像
二本松少年隊の像
石段を登って行きます
箕輪門の案内板
二本松城の案内板

蒲生氏、上杉氏、松下氏、加藤氏を経て寛永20年(1643年)丹羽光重が10万700石で入封し、二本松藩の居城として明治維新に至りました。

箕輪門
箕輪門
箕輪門の松
相生滝
智恵子の藤棚
智恵子の藤棚

慶応4年(1868年)、戊辰戦争では12歳から17歳の少年が出陣しました。場内には二本松少年隊を顕彰する石碑が建っています。

智恵子の藤棚
霞池
本丸石垣の案内
二本松藩士自尽の地
場内路
日影の井戸

復元された箕輪門をくぐると鶴ヶ城公園として整備された庭園が広がります。霞池の辺には今を盛りに藤の花が咲いていました。

本丸石垣の案内
本丸石垣
蔵屋敷跡
乙森
二本松城の案内板
本丸の石垣

木立の中を登って行くと本丸の石垣がそびえています。石垣の修復に関する案内板には江戸時代の初期から後期にかけての石積み技法に関しての説明がありました。また近くには古い石垣を移築した展示もありました。

本丸復元の案内板
本丸下に自尽の石碑
本丸から眺める蔵王の山々
西櫓台
天守台
本丸虎口

本丸入り口を登ると天守台跡に建つことが出来ます。木立の先には遠く蔵王の山並みも見えていました。

石垣の下に三角点
石垣の案内板
古い石垣
移築された古い石垣
移築された古い石垣
古い石垣の案内板
 Back