topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 関山中尊寺

 寺社の種類:天台宗の東北大本山
 創建の時期:嘉祥3年 (850年)、円仁 (慈覚大師)が開山と伝えられる
 本尊:釈迦如来(本堂本尊)
 所在地:岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
 訪問日:2015年4月30日

 

中尊寺は慈覚大師円仁によって開かれた天台宗の古刹です。12世紀には奥州藤原初代清衡公により東北地方で続いた戦乱(前九年後三年役)で亡くなった人々の霊を慰めるため大規模な堂塔の造営が行われました。

参道はたくさんの人
参道に関山中尊寺の標柱
参道の石仏
八幡堂
八幡堂には八幡太郎義家か
参道は観光客でいっぱい
弁慶堂
弁慶堂の由緒書き

鎌倉時代の吾妻鏡によると寺塔が四十、禅坊が三百におよんだと言われています。

弁慶堂には立派な彫刻
弁慶堂に義経像
金剛宝地蔵大菩薩、雷神塔
弁慶堂の彫刻
地蔵堂
薬師堂

松尾芭蕉の奥の細道にも登場する国宝の金色堂や多くの建物、絵画、書籍はどの文化遺産は平成23年(2011年)に中尊寺を含む「平泉の文化遺産」が世界文化遺産に登載されました。

薬師堂の由緒書き
薬師堂
願成就院
本堂の山門
大きな本堂
本堂の由緒書き

大きな駐車場はたくさんの観光バスで賑わっていました。たくさんの観光客の列に交じって杉木立の月見坂と呼ばれる参道を登って行きます。参道には弁慶堂や地蔵堂、薬師堂などが建ち並んでいます。

本堂に阿弥陀如来
本堂の鐘楼
不動堂
不動堂
峰薬師堂
峰薬師堂の由緒書き

本堂は中尊寺の中心となる大きなお寺で、たくさんの観光客が参拝しています。

峰薬師堂のカエル
峰薬師堂の薬師如来
大日堂
大日堂の大日如来
大日堂の宝篋印塔
古い梵鐘
弁財天堂
弁財天堂の由緒書き

参道の奥には宝物館である讃衡蔵(さんこうぞう)があります。その奥が金色堂です。須弥檀の中心には阿弥陀如来、両脇には観音菩薩勢至菩薩、六体の地蔵菩薩持国天増長天を従え金色に彩られた金色堂はまさに極楽浄土を表したものでしょう。

弁財天堂
阿弥陀堂
阿弥陀堂
観光客の列が続く金色堂
振り返る覆い堂
経蔵
経蔵の由緒書き
関山天満宮

金色堂の先には経蔵や旧覆堂があります。1288年北条貞時が建設したもので約680年間にわたって金色堂を守っていたと言います。中心には大きな回向柱が建っていました。

松尾芭蕉の石碑
旧覆い堂
金売り吉次の絵
旧覆い堂の回向柱
大長寿院の山門には小石が積まれ
大長寿院
大長寿院
大長寿院の由緒書き
 Back