topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 鹽竈神社

 寺社の種類:式外社、陸奥一宮
 創建の時期:−
 主祭神:別宮:塩土老翁神(主祭神)、左宮:武甕槌神、右宮:経津主神
 社殿の様式:−
 所在地:宮城県塩竈市一森山3−1
 訪問日:2015年4月29日

 

鹽竈神社は陸奥国一宮として朝廷をはじめとして多くの崇拝を集めた神社です。祭神の武甕槌神(たけみかづちのかみ)、経津主神(ふつぬしのかみ)は東北を平定した神、別宮に祀られた鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)はその先導をしたと伝えられています。

鹽竈神社の石柱
表参道に石の鳥居
狛犬
表参道の常夜燈
石鳥居の先に石段
見上げる石段
変わった表情の仙台狛犬
仙台狛犬
石段に燈籠
石段に続く石灯篭
振り返る急な石段
石段の上に隋身門

表参道の急な石段にを登って行くと真っ赤な隋身門が建っています。唐門をくぐると境内の奥には極彩色の左右拝殿、右には別宮が祀られています。

隋身門の先に唐門
御手水場
左右殿
拝殿には右宮と左宮
左宮
右宮
別宮の神額
別宮の拝殿

境内には長明燈籠や文化灯篭、文治燈籠などの古い燈籠があります。文化灯篭は伊達周宗公が文化7年(1810年)に奉納した銅製の燈籠で精緻な彫刻が施されています。文治燈籠は文治3年(1187年)藤原忠衡奉納とされるもので案内板によると松尾芭蕉の奥の細道にも紹介されていると言います。

御神木杉
左から稲荷社、住吉社、八幡社、明神社
文治燈籠の案内板
文治燈籠
文化灯篭
長明燈
なで牛
参道は桜並木
東神門
塩竈神社の石段

表参道前の県道には土産物屋などが建っています。大きな味噌樽が置かれた店先には東日本大震災津波到達の石柱が建っていました。

境内に案内板
ここまで津波が到着
四方跡に石柱
四方跡に石柱
江尻界隅の案内板
東参道の鳥居

四方跡公園には古い石柱が建っています。近くの案内板によるとかつては入り江の最奥部をなしていたところで七曲がりから登る参道は鹽竈神社の最古の参道とされています。

 Back