topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 津久井城(筑井城)

 城郭の構造:根小屋式山城
 築城の時期:鎌倉時代、筑井氏
 廃城の時期:天正18年(1590年)
 主な城主:筑井氏、後北条氏
 所在地:神奈川県立津久井湖城山公園
 訪問日:2015年4月12日

 

津久井城は鎌倉時代に三浦党の筑井氏が築城されたと言われています。武蔵と甲斐、相模を結ぶ交通の要衝地であったことから、戦国時代には北条氏の有力支城の一つとして重要な役割を果たしていました。

豊臣秀吉の小田原攻めにおいては徳川勢の本田忠勝、平岩親吉らに攻められ落城したと伝えられています。

津久井湖城山公園の入り口
津久井湖城山公園の案内板
公園は花ウメが満開
筑井城址の石碑
男坂と女坂の分岐
女坂を登ります
稜線で男坂からの道を合わせ
太鼓曲輪
堀切と引橋の案内板
堀切と引橋の案内板
土蔵跡
津久井城遺構の案内板

津久井湖を見下ろす一帯は津久井湖城山公園として整備され、家族連れなどの楽しむことのできる広場となっています。

本城曲輪を巻くように続く女坂を登って行くと男坂から上ってくる道を合わせる尾根にたどり着きます。本城曲輪への途中には堀切跡、太鼓曲輪、土蔵などの遺構も残っていました。

本城曲輪と土塁の案内板
本城曲輪
津久井城の石碑
本城曲輪からの展望
津久井城の案内板
飯縄曲輪に神社の鳥居
飯縄曲輪
飯縄神社の狛犬
飯縄神社の狛犬
鉄策に囲まれた飯縄神社
烽火台と鐘撞堂の案内板
飯縄曲輪からの展望

土塁をめぐらせた本城曲輪には城郭の案内図と津久井古城記碑が建っていました。

小田原北條氏ゆかりの城
 城址寺社巡りに戻る