topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 皇大神宮(こうだいじんぐう)鵠沼皇大神宮

 寺社の種類:村社
 創建の時期:天長9年(832年)と伝えられる
 合祀:石楯尾大神(いはだてをのおおかみ)、八幡大神(はちまんのおおかみ)春日大神(かすがのおおかみ)
 社殿の様式:神明造
 所在地:神奈川県藤沢市鵠沼神明2丁目
 訪問日:2015年1月18日

 

土甘郷の総鎮守とされ神明さま、烏森神明宮として知られている神社です。また藤沢七福神の恵比寿天を祀る神社です。例大祭は神奈川のお祭50選に選ばれ、九基の人形山車が境内を練る歩くと言います。

鳥居の先に参道
参道に石碑
皇大神宮の由緒書き
厳島神社
御手水場
境内の奥に拝殿

皇大神宮は伊勢神宮の内宮で伊勢信仰の中心となる神社です。鵠沼皇大神宮の社殿では長治元年(1104年)鎌倉権五郎が大庭荘を伊勢神宮に寄進、そののち大庭荘の総鎮守として皇大神宮と称されるようになったとされています。

皇大神宮の神額
大きな拝殿
拝殿の左右に狛犬
拝殿の左右に狛犬
境内に祓い所
豊受ノ宮

広い参道の正面には大きな拝殿が建っています。その傍には豊受社、稲荷神社、伊勢宮などの摂社は祀られています。藤沢七福神の恵比寿社では厨子の中に恵比寿天がご開帳されていました。

恵比寿ノ宮
厨子の中に恵比寿天
 
稲荷神社
伊勢宮
石楯尾神社

拝殿の脇には石楯尾神社が祀られています。大同3年(808年)現在の神明宮の位置に延喜式内社の石楯尾神社が祀られたのが創建とされています。

関連記録・コース
 Back