topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 妙厳山本覚寺

 寺社の種類:日蓮宗の本山(由緒寺院)
 創建の時期:永享8年(1436年)、日出が開山
 本尊:釈迦三尊
 所在地:神奈川県鎌倉市小町1丁目12−12
 訪問日:2015年1月13日

 

本覚寺は日蓮宗のお寺、身延山の久遠寺にあった日蓮の遺骨を分骨したため東身延とも呼ばれています。また鎌倉七福神の一つ恵比寿天を祀るお寺です。

大きな山門
案内板
恵比寿天堂
恵比寿天が祀られています
大きな奉納提灯
夷尊堂の扁額

源頼朝が鎌倉幕府の裏鬼門に当たる地に建てた天台宗の夷堂があり、日蓮上人はここに滞在し辻説法を行っていました。その後の永享8年(1436年)に一乗院日出が日蓮ゆかりの夷堂を天台宗から日蓮宗に改め本覚寺を創建したと言われています。

御手洗場
鐘撞堂
境内にお堂
仮本堂
境内は10日えびすの後片付け
裏山門

境内には大きな奉納提灯を吊るした夷尊堂があります。正月三が日は初えびす、10日には本えびすが行われていたようで境内にはテントや提灯の後片付けが行われていました。本堂は改修工事の最中で参拝は仮本堂で行われていました。

関連記録・コース
 Back