topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 佐助稲荷神社(出生稲荷)

 寺社の種類:神社
 創建の時期:建久年間(1190〜1199年)
 本殿の様式:−
 所在地:神奈川県鎌倉市佐助2丁目22−12
 訪問日:2015年1月13日

 

伊豆蛭ヶ小島に配流中であった源頼朝が夢で「かくれ里の稲荷」と名乗る老人に挙兵を勧められたと言います。鎌倉幕府を開いた頼朝はかくれ里と呼ばれるこの地に祠を見付け、畠山重忠に命じて社殿を建立させたと伝えられています。

参道に稲荷神社の石柱
参道には赤い鳥居
石段の上に社殿
社殿の内部
境内に石祠
境内に奉納旗
境内に奉納旗
岩窟に霊狐泉
摂社にはたくさんの狐像
佐助稲荷の案内板
参道に下社
下社の脇に由緒書き

赤い鳥居が続く参道を登るとたくさんの狐像が奉納されている社殿があります。社殿の右手の岩窟には霊狐の神水と呼ばれる清水が湧きだしていました。

関連記録・コース
 Back