topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 湯坂城

 城郭の構造:山城
 築城の時期:−
 廃城の時期:−
 主な城主:大森氏、後北条氏
 所在地:神奈川県足柄下郡箱根町湯本
 訪問日:2015年1月9日

 

室町時代、西相模に勢力を持つ大森氏が鎌倉古道を抑えるため築いた山城です。明応4年(1495年)大森氏が相模支配を狙う北条早雲に滅ぼされると、箱根山は北条氏の支配下になり湯坂城も小田原城を守る支城として整備されました。

湯坂城の案内板
土塁の跡か
藪の中に堀切
空掘の跡か

豊臣秀吉の小田原攻めでは湯坂城を抜いた豊臣軍が早雲寺に本陣を置き、石垣山城を築いたことにより小田原城は落城しました。

湯坂道の尾根道には湯坂城の案内板があります。雑木林の中には土塁跡や堀切の跡を見付けることが出来ます。

小田原北條氏ゆかりの城・関連する山行記など
 Back