topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 高来神社(たかくじんじゃ)

 寺社の種類:郷社
 創建の時期:神武天皇朝と伝えられる
 社殿の様式:−
 所在地:神奈川県中郡大磯町高麗2-9-47
 訪問日:2014年12月19日

 

かつては高麗山の山頂に上宮があって高麗権現社と呼ばれ、右の峰に白山権現を、左の峰に毘沙門天を勧請して高麗三社権現と称していました。

参道の先に高来神社
高来神社の御手水場
山神輿が収められていると言う神輿殿
神輿殿にも千社札

社伝では神功皇后(170〜269年)の三韓征伐において武内宿禰(たけうちすくね)が高句麗の王族和光を奉ったのが高麗権現社の起源とされています。

また668年、唐・新羅の攻撃により高句麗が滅亡したとき高句麗の王族若光が一族を率いて大磯に上陸し、高麗山の麓にある化粧坂の付近に移り住んだととも伝えられています。

高来神社の拝殿
拝殿の神額
宝篋印塔があります
境内に忠魂碑

そののち関東の各地にいた高麗人は武蔵野国に集められ高麗郡が設置されました。巾着田でお馴染みの高麗には天下大将軍、地下女将軍の将軍標など往時の文化が残っています。

境内の道祖神
境内の摂社
拝殿の奥に平嘉久社
県民の森の案内板

明治の廃仏毀釈令によって高麗寺は廃寺となり仏像関係は慶覚院に移されました。明治30年には高来神社へと改称されました。

その他のコース・山行記録
 Back