topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 雨降山大山寺

 寺社の種類:真言宗大覚寺派
 創建の時期:天平勝宝7年(755年)、良弁が開基と伝えられる
 本尊:鉄造不動明王(重要文化財)
 札所:関東三大不動、関東三十六不動1番関東八十八箇所60番
 所在地:神奈川県伊勢原市大山724
 訪問日:2014年10月25日

 

大山寺は良弁が聖武天皇の勅願により創建したと伝えられる古刹です。江戸時代中期以降は大山詣でが盛んになり、大山詣でに向かう大山道が各地の整備されました。大山山麓には多くの宿坊が軒を並べ門前町として繁栄したと言います。

明治の廃仏稀釈により大山寺は大山阿夫利神社に改められ山腹にあった不動堂は破却されました。現在の大山寺は明治中期以降に本堂をはじめ数々の伽藍が再興されたものです。

大山寺の標柱
参道にはたくさんの石仏
急な石段を登ると本堂
手水場
大山寺の本堂
大山寺の扁額

ケーブルカーの追分駅を右に分けると八意思兼神社です。ここから右に折れる道は男坂、大山寺へは女坂を登って行きます。

本堂では読経が始まり
大山寺の案内板
大師堂
 

急な階段を登ると大山寺の本堂です。読経が始まっているようで般若心経が境内に木霊しています。本堂の脇には青銅製の宝篋印塔があります。また厄払い開運を祈るかわらけ投げもありました。

 
青銅製の宝篋印塔
厄除けかわらけ投げ
かわらけ投げ
鐘楼

古い石段には弘法の水、子育て地蔵、爪切り地蔵、逆さ菩提樹、無明橋(むみょうばし)、潮音洞(ちょうおんどう)、眼形石(めがたいし)とよばれる女坂の七不思議があります。案内板にはその各々に謂れなどが紹介されていました。

弘法清水
子育て地蔵
爪切り地蔵
逆さ菩提樹
無明橋
潮音洞(ちょうおんどう)
眼形石(めがたいし)
その他のコース・山行記録
 Back