topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 忍城(忍の浮き城、亀城)

 城郭の構造:平山城
 築城の時期:15世紀後期、成田氏
 廃城の時期:1871年
 主な城主:成田氏、松平氏ほか
 所在地:埼玉県行田市本丸17−23
 訪問日:2014年10月12日

 

忍城は文明年間(1469〜1486年)に山内上杉氏配下の豪族、成田親泰が築城したとされる城で関東七名城の一つに数えられます。

堀を渡ると大手門
そびえる御三階廊
忍城の大手門
忍城の案内板

豊臣秀吉の小田原征伐では石田三成らによる水攻めを受けますが最後まで奮戦し落城しなかったと伝えられています。この戦いは「のぼうの城」として映画でも語り継がれているところです。

忍城の鐘
郷土資料館から続く御三階廊
進修館表門
当時の石垣

小田原城の落城に伴い開城された忍城は徳川氏の持ち城となりその後松平氏、阿部氏が城主となり明治まで存続しました。

本丸跡には行田市郷土博物館と復元された御三階廊が建っています。内部は資料館になっていて忍城の歴史などが展示されていました。

小田原北條氏ゆかりの城
 Back