topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 滝山城

 城郭の構造:連郭式山城
 築城の時期:大永元年(1521年)、大石定重
 廃城の時期:永禄12年(1569年)から元亀3年(1572年)頃
 主な城主:大石定重、大石定久、北条氏照
 所在地:東京都八王子市高月町
 訪問日:2014年7月30日

 

滝山城は山内上杉氏の重臣、大石貞重が築城した山城です。多摩川と秋川の丘陵地の複雑な地形を巧みに利用した天然の要害で、関東随一の規模を誇る城です。

天文15年(1546年)、北条氏康河越合戦扇谷上杉氏を滅ぼすと大石定久は北条氏の軍門に下り、永禄元年(1558年)ころ北条氏照により大改修が行われました。

天野坂は竹藪の道
天野坂の空堀
天野坂に稲荷社
舗装道路を登って行きます
左の土手の上は小宮曲輪
小宮曲輪の案内板
小宮曲輪
滝山公園の案内板
コの字型の土橋の案内板
林の中に空堀
千畳敷の馬出
広い千畳敷

永禄15年(1569年)、小田原を攻撃する武田信玄により滝山城は三ノ丸まで攻め込まれ落城寸前まで追い込まれました。このことから八王子城を築城することになったと言われています。

千畳敷の空堀
三の丸
古峰園地への道を右に分け
深い空堀があります
中の丸の案内板
ここにも空堀
滝山公園の案内板
中ノ丸の先に多摩川
中の丸の枡形虎口
土塁の先に本丸

付近一帯は東京都の滝山自然公園として整備され本丸、中ノ丸、千畳敷などの土塁や空掘が残っています。

滝山街道に面した坂道を登って行くと三ノ丸跡、付近には明瞭な空掘が残っています。本丸の道として整備された広い道に沿って千畳敷、中ノ丸、本丸へと続いています。

本丸の奥に霞神社
霞神社の社
金毘羅神社が建っています
金毘羅社再建の碑
滝集落から本丸への侵入路
本丸に古い井戸
滝山城の石碑
本丸跡の碑
本丸の枡形虎口
本丸傍の大きな曲輪
本丸への木橋の案内
木橋

中ノ丸から再現された木橋を渡ると本丸です。本丸には霞神社、金比羅神社という2つの神社が祭られています。この先からは多摩川の流れを挟んで拝島の街並みが広がっています。武田信玄が滝山城に攻め寄せた時は拝島に陣を敷いたと伝えられています。

小田原北條氏ゆかりの城
 Back