topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 裂石山雲峰寺

 寺社の種類:臨済宗妙心寺派の寺院
 創建の時期:天平17年(745年)、行基が開基
 本尊:十一面観音
 所在地:山梨県甲州市塩山上萩原2678
 訪問日:2014年7月25日

 

雲峰寺は天平17年(745年)に行基が大石が裂け一夜にして生えた萩木から本尊の十一面観音を彫刻し、開山したと伝えられている古刹です。甲府の鬼門に位置することから武田氏の祈願所となっていました。

雲峰寺の案内板
不許葷酒入山門の石柱
甲斐観音霊場の石碑
急な石段を登ると山門
仁王像
仁王像

不許葷酒入山門の石柱が建つ石段を登って行くと仁王像が建っています。さらに急な石段を登って行くと小広い境内にたどり着きました。正面には山梨県の文化財にも指定された本堂があります。

急な石段には石仏
石段に石仏
石段に石仏
鐘楼
境内に観音さま
本堂
千社札が張られています
庫裡
境内の石碑
寺宝殿

本堂脇の宝物殿では武田家の家宝である孫子の旗、諏訪神号旗、日の丸の御旗などを見ることができます。この日の丸は日本最古の日の丸と言われています。

関連記録・コース
 Back