topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 阿久和山観音寺

 寺社の種類:曹洞宗の寺院
 創建の時期:元和元年(1615年)旗本・安藤治右衛門正珍が開基、快応孝頓大和尚が開山
 所在地:横浜市泉区新橋町1157
 訪問日:2014年7月2日

 

阿久和安藤氏は徳川家の旗本です。徳川家康の関東入国にあたり阿久和村一帯を知行しました。観音禅寺の開基、安藤正珍はその3代目にあたります。

石段の脇に観音禅寺の石柱
鎌倉観音霊場の札所
参道の先に本堂
鐘楼の前には六地蔵

ここは鎌倉郡観音霊場二十三番札所のお寺です。鎌倉郡観音霊場は江戸時代に定められた観音霊場です。しかし明治の廃仏毀釈の流れの中移転しまった寺や廃寺になったところもあるようです。

鎌倉三十三観音霊場は大正から昭和になって定められた観音霊場で、鎌倉を中心にした霊場です。

境内に庫裡
手水鉢の前に厄除け地蔵
大雄寶殿の扁額を掲げる観音堂
道泉閣
水子地蔵菩薩
観音禅寺の扁額を掲げる本堂
青銅の灯籠
境内に六地蔵

観音禅寺の石柱が建つ石段を登って行くと広い境内です。境内には六地蔵や厄除け地蔵、水子地蔵などが祀られていました。

 Back