topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 小國神社

 寺社の種類:式内社(小)、遠江国一宮、旧国幣小社、別表神社
 創建の時期:欽明天皇16年(555年)と伝えられる
 主祭神:大己貴命
 社殿の様式:大社造
 所在地:静岡県周智郡森町一宮3956
 訪問日:2014年6月21日

 

本宮山の南側の山麓に鎮座する遠江国一宮神社。小国という社名は出雲の大国に対する遠江の美称と言います。

大きな石の鳥居
暗い杉木立の参道
社家神人を祀る鉾執社
木立の中に事待池

大きな石鳥居をくぐると杉木立の中に参道が続いています。事待池と呼ばれる池の近くには多くの摂社が祀られています。宗像社や八王子神社などが祀られていました。

陶器で造った森山焼の橋
宗像社は水徳の神
赤い橋の先に八王子神社
全国一宮等合殿社
ご神木大杉の根株
石鳥居の先に拝殿

石鳥居の脇には家康公立あがり石があります。案内板によると家康は三方原合戦の前年、小國神社に開運を祈願したりに奉りて開運を祈願しだり犬居城攻略の道すがら参拝しこの石に腰かけて休息されたと伝へられます。武田信玄の遠江・三河侵攻の歴史がこの付近でも繰り広げられていたようです。

家康公立ちあがり石
境内の奥に拝殿
境内に舞楽舎
境内に拝殿と信徳殿

境内の奥には拝殿があります。小國神社の神額を掲げた暗い拝殿では神職が祝詞をあげています。たくさんの神職や巫女さんなどもいるようでした。

境内の奥に拝殿
拝殿の脇に神徳殿
小國神社の神額を掲げる拝殿
大宝槌
 Back