topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 楞厳山妙法寺

 寺社の種類:日蓮宗のお寺
 創建の時期:建長5年(1253年)日蓮が開山、(延文2年(1357年)日叡が中興開山)
 本尊:一塔両尊四師
 所在地:神奈川県鎌倉市大町4丁目7
 訪問日:2014年5月7日

 

松葉ヶ谷は鎌倉に入った日蓮が初めて庵を結んだ場所で、境内奥の山腹に御小庵趾の碑があります。しかし近くの安国論寺や長勝寺も葉ヶ谷草庵跡と称しその真偽は不明のようです。

妙法寺道の石柱
妙法寺の案内板
ムラサキやしおの咲く山門
庭園の中に本堂
楞厳山の扁額
花が咲く庭園

妙本寺の前身は日蓮を開山とする本国寺です。貞和元年(1345)には足利尊氏の勧めもあって本圀寺は京都に移転しました。延文2年(1357年)その跡地に護良親王の子、法親王日叡上人が妙本寺を再建しました。

梅の木にセッコク
庭園の宝篋印塔
大覚殿
仁王門
薩摩屋敷事件の供養塔
薩摩屋敷事件の石碑
境内の石窟
法華堂への石段

仁王門の先きは苔に覆われた石段があります。現在は苔の保護のため通行禁止、傍の石段を登って行くと法華堂、その近くに御小庵跡があります。

苔の石段
法華堂
鐘楼
松葉ヶ谷御小庵跡
松葉ヶ谷御小庵跡の案内板
大塔宮墓所
大塔宮墓所
稲村ケ崎の展望

境内の最奥には護良親王の墓所があります。ここからは展望が開け稲村ケ崎が見えるところです。

 Back