topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 五郎神社

 寺社の種類:神社
 創建の時期:−
 主祭神:金山彦尊面足尊
 社殿の様式:−
 所在地:神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋
 訪問日:2014年3月10日

 

湯河原の鍛冶屋に五郎神社があります。社伝によると康平三年(1060年)源義家が奥羽征討のとき、社家荒井刑部実継が神霊の加護により軍功を挙げた、治承4年(1180年)源頼朝の石橋山合戦の時、社前で戦勝祈願の護摩を焚いたと伝えられています。創建の由緒は詳しくないものの古い神社であることがうかがわれます。

五郎神社の鳥居
鳥居の先に参道
暗い参道に石灯籠
御手水場

近くには伊豆で挙兵した頼朝が鎌倉に向かう途中、大庭景親、伊東祐親と戦った石橋山の古戦場や、戦いに敗れた頼朝がその顔を見たという自鑑水などもあります。

参道の奥に社殿
狛犬
狛犬
五郎神社の社殿
境内に摂社
境内に摂社

杉の古木がそびえたつ参道の奥に社殿が祀られています。桟道のクスノキの古木は樹齢850年、かながわの名木百選に指定されます。

関連記録・コース
 Back