topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 川匂神社

 寺社の種類:相模国二宮、式内社(小)、県社
 創建の時期:垂仁天皇の時代(BC29年-70年)と伝えられる
 社殿の様式:流造
 所在地:神奈川県中郡二宮町山西2122
 訪問日:2014年2月23日

 

川匂神社は相模国の二宮です。師長国造りの時代には大磯に国府があったことなどから師長の一宮と推定されています。

相模一之宮である寒川神社、二之宮川匂(かわわ)神社、三之宮比々多神社、四之宮前鳥(さきとり)神社、一国一社平塚八幡宮を相模五社と言います。毎年神揃山で行われる国府祭では一之宮の座を争う座問答の神事が知られています。

駐車場から石段を登ると神社としては珍しい茅葺の神門があります。参道の先には大きな拝殿が建っていました。

拝殿の脇には道路工事で撤去された石鳥居がありましたその傍の神社銘は伊藤博文の書になるものとか。かなり古い神社であることがうかがえます。

 2014年2月23日訪問

駐車場わきに忠魂碑
招魂社の石碑
鳥居の先に石段
珍しい茅葺の神門
参道の先に拝殿
神社の由緒書き
大きな舞殿
参道の先に拝殿
拝殿に千社札
拝殿から見る境内
紅白の梅が咲いています
内に敬神誠意の石碑
祠に福枡
伊藤博文の扁額と石鳥居

 2017年2月12日訪問

川匂い神社の拝殿
吊るし雛
吊るし雛
吊るし雛
吊るし雛
吊るし雛
吊るし雛
吊るし雛
関連記録・コース
 Back