topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 金沢山称名寺(きんたくさんしょうみょうじ)

 寺社の種類:真言律宗
 創建の時期:鎌倉時代、北条実時が開基、審海上人を開山とする 
 本尊:弥勒菩薩(重要文化財)
 所在地:神奈川県横浜市金沢区金沢町212
 訪問日:2014年2月7日

 

称名寺は金沢北条氏一門の菩提寺です。

鎌倉幕府の要人、北条実時が六浦荘金沢の屋敷内に建てた持仏堂が始まりとされ孫の貞顕の時代には三重の塔を含む七堂伽藍を持つ大寺院として全盛期を迎えました。

称名寺の朱塗りの山門
境内は桜の並木
塔頭光明院の案内板
塔頭光明院の表門
見上げる仁王門
阿字ヶ池を配置した浄土庭園
称名寺庭園の案内板
反橋の先に本堂

金沢山、稲荷山、日向山の金沢三山を背にして金堂、釈迦堂、鐘楼が建っています。梵鐘は金沢八景の称名寺の梵鐘として知られています。

大きな金堂
鐘楼
称名寺の案内板
金堂の脇には茅葺の釈迦堂
金堂には護摩壇
境内に地蔵菩薩
謡曲「六浦」の案内板
稲荷山への遊歩道
北条実時の墓
稲荷山休憩所

稲荷山の山腹には北条実時の墓があります。中央の宝篋印塔が北条実時の墓で左右の五輪塔は一門の墓と言います。

金沢山の山頂は八角堂広場と呼ばれるところで、八角堂と変わった形の石祠が祀られています。

よく整備された遊歩道
八角堂広場
広場には変わった形の石祠
山道に石仏
海中出現観世音
海中出現観世音の石碑

 称名寺百観音、北条顕時・金沢貞顕の墓

八角堂から称名寺庭園に下って行く道には観音広場があります。ここに祀られた観音様は海中出現観世音か、その下には大きな石柱が建っていました。

石段を下って行くと百観音です。西国三十三観音霊場板東三十三観音霊場秩父三十三観音霊場の石仏が立ち並んでいました。

百観音の石仏
西国10番、22番の石仏
百観音の石仏
西国1番の石仏
百観音の石仏
百観音の石仏
百番観音霊場の石柱
称名寺百観音の石碑

金沢文庫の入口近くには北条顕時、金沢貞顕の廟所があります。付近には庚申塚や古い石塔もありました。

北条顕時、金沢貞顕の墓
廟所の案内板
金沢文庫へのトンネル
金沢文庫では武州金沢道しるべ展

帰りには金沢文庫に立ち寄りました。北条実時が建設した武家の私設図書館。武州金沢道しるべ展と題し金沢の古い歴史を紹介していました。

 Back