topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 知足山龍華寺(ちそくざん りゅうげじ)

 寺社の種類:真言宗御室派
 創建の時期:明応8年(1499年)
 本尊:大日如来
 所在地:神奈川県横浜市金沢区洲崎町9
 訪問日:2014年2月7日

 

源頼朝が瀬戸神社を建立した後、文覚上人と共に瀬戸神社の別当寺として六浦山中に建てた浄願寺が始まりと言われています。

参道の石柱
参道のクロマツ
木造地蔵菩薩の案内板
参道の先に山門
山門の脇に地蔵堂
茅葺屋根の鐘楼
梵鐘の案内板
真っ赤な不動堂

貴重な宝物も多く旧本尊弥勒菩薩坐像(室町時代)のほか、脱活乾漆造菩薩坐像(天平時代)、木造阿弥陀如来坐像(平安時代)、地蔵菩薩坐像、木造龍頭(室町時代)が横浜市指定文化財となっています。

境内には弘法大師
境内の御手水
境内のクロマツ
本堂の前に聖観音像
真っ赤な紅梅
白梅の先に本堂
龍華寺の扁額
重要文化財の案内板
太子堂

境内は紅梅や白梅が今を盛りの咲き誇っています。また牡丹の咲く寺としても知られていますがまだ芽ぶきにも早いようでした。

 Back