topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 功臣山 報国寺

 寺社の種類:臨済宗建長寺派の寺院
 創建の時期:建武元年(1334年)、天岸慧広により創建
 本尊:釈迦三尊
 札所:鎌倉観音霊場第10番札所、鎌倉十三仏霊場 第8番(観音菩薩)、東国花の寺百ヶ寺 鎌倉5番
 所在地:神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目7−4
 訪問日:2014年1月7日

 

1334年(建武元年)天岸慧広の開山により創建され、開基は足利尊氏の祖父足利家時とも上杉重兼とも言われています。

報国寺の山門
報国寺の案内板
報国建忠禅寺の石柱
境内はコケの庭園

1438年(永享10年)の永享の乱では、鎌倉公方足利持氏の子義久がこの寺で自刃しています。

境内に念仏供養塔
石段の上に本堂
引両紋の幕は足利の紋
報国禅寺の扁額
門の先は墓地
たくさんの五輪塔
何の石仏か

境内に孟宗竹の竹林があることから竹の寺とも呼ばれています。

関連記録・コース
 Back