topimg

あの頂を越えて

史跡探訪

~歴史の流れをを訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~歴史探訪~

 日蓮聖人辻説法跡

 観光地の種類:史跡
 所在地:神奈川県鎌倉市小町2丁目
 訪問日:2014年1月7日

 

鎌倉の蛯子神社近くに日蓮聖人の辻説法跡があります。

日蓮宗の宗祖である日蓮聖人は比叡山で修行を積んだのち建長5年(1253年)鎌倉に入りました。鎌倉では松葉が谷の草庵に住まいし連日小町大路の街頭に立ち辻説法を行ったと言います。

日蓮聖人辻説法跡の案内板
日蓮聖人辻説法跡の石碑
石碑の碑文は読めそうにありません

日蓮聖人は熱心に法華経を説くとともに他宗を「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」として厳しく批判しました。この時期の日本は内乱や蒙古襲来、飢餓や疫病の蔓延などの脅威に包まれていました。日蓮聖人は立正安国論を著し幕府に奏上しました。このことから幕府や他宗の反感をまねき竜の口で斬首されそうになったと伝えられています。

住宅地の中には辻説法跡と刻まれた石碑や説明板が建っていました。

関連記録・コース
TAG:祇園山・衣張山 2014年1月7日
 
 Back