topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 南向山清源院長林寺

 寺社の種類:浄土宗の寺院
 創建の時期:元和元年(1615)、小石川伝通院三世白誉が開山
 所在地:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4907
 訪問日:2014年1月5日

 

戸塚市内に新たに設けられた戸塚七福神の一つで毘沙門天を祀るお寺です。

戸塚駅近くから参道を登って
駐車場の先に観音堂
千手観音の扁額
厨子の中に毘沙門天

かつて安達藤九郎盛長の一族が創建した獅子王山林長寺があった当地に、元和元年(1615年)清源院尼が開基となり小石川伝通院三世白誉を開山に迎えて創建した寺と言います。

戸塚駅そばの小さな高台の上に建つ寺で広い駐車場の側に本堂と観音堂が建っています。厨子の中には古びた毘沙門天が祀られていました。

葵の紋が描かれた本堂
境内には石碑や石塔

清源院尼は家康の側女であったお万の方で家康の病を聞いて駿府に駆けつけました。これを喜んだ家康が贈った歯吹阿弥陀如来が清源寺の本尊と言います。徳川家とのつながりが深いことから本堂には葵の紋が描かれていました。

関連記録・コース
 Back