topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 冨塚山親縁寺

 寺社の種類:時宗の寺院
 創建の時期:元応元年(1319年)、呑海が創建と伝えられる
 本尊:阿弥陀三尊
 所在地:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町461
 訪問日:2014年1月5日

 

戸塚市内に新たに設けられた戸塚七福神の一つで福禄寿を祀るお寺です。

親縁寺の山門
山門には富塚山の扁額
参道には雪囲いのぼたん
本堂には双林院の扁額
本尊は阿弥陀如来
境内の地蔵堂

旧東海道から脇道に入った所にある時宗のお寺で平家物語にも登場する俣野五郎の曾孫、呑海が建立したと伝えられています。本尊は鎌倉後期の阿弥陀三尊、鎌倉の来迎寺にあったものが戦火を逃れここに移されたと言います。

廊下には釈迦十大弟子の像
鐘突き堂の前に花塚
赤い涎かけのお地蔵さん
日限地蔵を祀る地蔵堂

本堂から地蔵堂へと続く回廊にはお釈迦さまを挟んで十大弟子の像が祀られています。

十大子弟は経典により異なるようですが智慧第一の舎利弗(しゃりほつ)、神通第一の摩訶目けん連(まかもっけんれん) 、頭陀第一の摩訶迦葉(まかかしょう) 、解空第一の須菩提(しゅぼだい) 、説法第一の富楼那弥多羅尼子(ふるなみたらにし)、論議第一の摩訶迦旃延(まかかせんねん)、天眼第一の阿那律(あなりつ)、持律第一の優波離(うぱり) 、密行第一の羅ご羅(らごら) 、多聞第一の阿難陀(あなんだ)。般若心経にも登場する舎利子は舎利弗のことと言います。

筆塚
水子地蔵
境内に熊野社
熊野証誠殿の扁額

鐘突き堂の前には花塚があります。正月とあってか鐘突き堂にも大きな花が活けられていました。

境内の片隅には熊野権現の社が祀られています。神仏混合の歴史はこの境内にも残っているようです。

関連記録・コース
 Back