topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 冨塚八幡宮

 寺社の種類:神社、郷社
 創建の時期:延久4年(1072年)
 主祭神:誉田別命、富属彦命(とつぎひこのみこと)
 社殿の様式:流造
 所在地:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町字六丁目3827番地
 訪問日:2014年1月2日

 

前九年の役平定にあたって源頼義義家が富属彦命の御神託により戦功をあげたことを感謝し、冨塚山の中腹に八幡神を勧請したのが創祀と伝えられる神社です。

また戸塚(富塚)一族はこの地に住みついていたことから、全国に散らばる戸塚姓、富塚姓の人々の守護神であると言います。

冨塚八幡宮の鳥居
冨塚八幡宮の由緒書
初詣客で賑わう境内
急な石段を登ります

境内はたくさんの初詣客で賑わっています。拝殿の脇には一番太鼓があり年の数だけたたくと御利益があるとか。

拝殿にはたくさんの人
神殿を守る狛犬
神殿を守る狛犬
冨塚八幡宮の扁額
神殿の脇に一番太古
天満宮と稲荷大明神
本殿
古い石碑や石像

本殿の裏手は薄暗い林で急坂を登ると小さな山頂にたどり着きます。結界が巡らされた一帯は冨塚と呼ばれ戸塚の地名のもとになったところと言います。

古い石碑や石像
古い石碑や石像
冨塚の石碑
境内の外れに稲荷社
 Back