topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 高尾山薬王院

 寺社の種類:真言宗智山派の寺院、関東三大本山
 創建の時期:天平16年(744年)、聖武天皇の勅願により行基が創建と伝えられる
 所在地:東京都八王子市高尾町
 訪問日:2013年4月14日

 

高尾山薬王院は真言宗智山派の古刹で、川崎大師平間寺、成田山新勝寺とともに関東三大本山に数えられています。また関東36不動霊場の8番札所としても知られています。

ケーブルカー駅に高尾山の石柱
参道に建つ山門
霊気満山の扁額
神変大菩薩の社には健脚祈願のお札
薬王院の土産物屋
十善戒の教え

天平16年(744年)に聖武天皇も勅願により行基菩薩薬師如来を本尊として開山しました。そののち永和年間(1375年 - 1379年)に京都の醍醐寺の俊源大徳が飯縄権現を守護神とし、修験道の霊場として繁栄したと言います。

薬王院の山門
四天王の山門
俊源大徳の石像
天狗の石像
大きな錫杖
八大龍王
縁結びの社
修行大師の社
太本堂の社
飯綱大権現の扁額
ホラ貝を鳴らし僧侶が来ます
ホラ貝を鳴らし僧侶が来ます

境内には薬師如来を安置する大本堂、その上には飯縄権現を本尊とする権現堂、さらに石段を上がると奥ノ院の不動堂が祀られています。

薬王院は修験道の色を濃く残すところで、参道には役の小角を祀る神変堂や俊源大徳の石像などがあります。折からホラ貝に先導された僧侶がの一団が権現堂へと向かっていました。

飛飯綱の社
石段の上に権現堂
真っ赤な鳥居
奥の院の社
カラス天狗が護る権現堂
福徳稲荷の社
飯綱大権現の社
軒には立派な彫刻
奥ノ院の不動堂
浅間権現
浅間権現
高尾山の山頂

高尾山を訪ねたのは都心のサクラがすでに葉桜となった時期です。たくさんの観光客と一緒に薬王院から高尾山の山頂を越え城山に向かいました。

関連記録・コース
 Back