topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 行道山淨因寺

 寺社の種類:臨済宗の寺院
 創建の時期:和銅7年(714年)、行基上人の開創
 所在地:栃木県足利市月谷町1579
 訪問日:2013年3月21日

 

行道山浄因寺は関東の高野山とも呼ばれ、関東四霊場の一つに数えられる臨済宗の古刹です。

駐車場わきに行道山の案内板
駐車場からは石段を登り
参道にはたくさんの石仏
暗い林の中に行道公園の分岐
池の中に石仏
お地蔵さんが祀られて

参道には33,000体と言われる石仏が立ち並び、山上の岩場には右手を手枕に西を向く寝釈迦が祀られています。

参道の先に山門
行道山の扁額
岩の上に清心亭
石段の先に山門
石碑や石仏が祀られる境内
行道山淨因寺の案内板

また境内の巨岩の上に建てられた茶室は清心亭で、葛飾北斎が描いた「足利行道山雲のかけ橋」として知られています。

大きな岩の上に清心亭
本堂脇の石段を登って行きます
見下ろす境内に清心亭
広場には朱塗りの社
石仏が立ち並ぶ広場
小さな岩場に上にたくさんの石仏
小さな寝釈迦
小さな岩場に上にたくさんの石仏
関連記録・コース
 Back