topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 小金城(別名:大谷口城、開花城)

 城郭の構造:平山城
 築城の時期:天文6年(1537年)、高城胤吉が築城
 廃城の時期:文禄2年(1593年)
 主な城主: 高城氏、武田信吉
 所在地:千葉県松戸市
 訪問日:2013年3月20日

 

小金城は下総西部を支配した高城氏の本拠に築かれた中世の平山城です。大谷口城、開花城とも呼ばれ水運に恵まれた城下には小金宿が開かれ、本土寺や東漸寺などの古刹もあります。

大谷口歴史公園の案内板
駐車場に歴史公園の案内板
障子彫り
障子彫りの説明

高城氏は千葉氏の家老原氏の重臣で、上杉氏の下総侵入を防ぐ拠点として天文6年(1537年)築城されました。

金杉口
金杉口の説明
本丸跡に土塁
土塁の説明
小金城跡の石碑
小金城跡の航空写真

天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐において高城氏は北条氏に従い小田原城に篭城、小金城は豊臣氏方の浅野長政らに攻められ開城しました。その後、徳川家康の五男、武田信吉が居城としましたた。

畝堀
畝堀の説明
馬屋敷跡

現在の城郭はほぼ全域が住宅地となり一部が大谷口歴史公園として整備されています。松戸市の発掘調査が行われ、往時の畝堀や障子堀、土塁などの遺構が保存されています。

 Back