topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 石尊山観音寺

 寺社の種類:曹洞宗
 創建の時期:明応9年(1500年)天山見亮禅師により再興
 所在地:群馬県沼田市下発知町
 訪問日:2012年4月16日

 

石尊山観音寺は戸神山の山裾に祀られる古刹です。創建当初は天台宗に属していましたがその後臨済宗となり、明応9年(1500年)に迦葉山三世、天山見亮大和尚により曹洞宗のお寺として再興されました。

観音寺の本堂
お寺の歴史を紹介する案内板
境内には新しい石仏
石の石柱が建つ参道

戸神山から続く杉林の中を下ってくると明るい斜面の中に赤い屋根のお寺が建っていました。参道には最近整備された新しい干支にまつわる石仏や、六地蔵の石像が祀られていました。4月の中旬と言いながら沼田の春はようやくそこまでやってきたようです。斜面には土筆やオオイヌノイヌフグリの花が咲き始めていました。

関連記録・コース
 Back