topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 拈華山霊山院

 寺社の種類:臨済宗妙心寺派
 創建の時期:建久8年(1197年)
 所在地:埼玉県比企郡ときがわ町大字西平445
 訪問日:2012年2月16日

 

霊山院は建久8年(1197年)に創建された古刹です。開山は臨済宗開祖の栄西禅師の高弟、栄朝禅師で、後鳥羽天皇から勅命を受け「東関最初禅窟」の勅額を賜っています。山中に75の僧坊を数えたと言われる慈光寺の塔頭の一つですが、現存する塔頭はこの霊山院のみです。

霊山院の案内板
簡素な山門
霊山院の境内
石仏や石塔が祀られた境内
霊山院の本堂
霊山院の参道

このお寺を訪れたのは堂平山から都幾川トレッキングコースをたどり慈光寺へと向かう途中です。参道の先には簡素な山門があります。二月の言葉と題された掲示板に「小慾知足を福と名づくべし、大欲不足を貧と名づくべし」と書かれていました。

山口の瑠璃光寺で知足の手水鉢を見たことがありますが、まさに現代の世の中が忘れていることの一つが「足るを知る」かもしれません。

関連記録・コース
 Back