topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 川之江城(仏殿城)

 城郭の構造:山城
 築城の時期:延元3年(1337年)、土肥義昌
 廃城の時期:不明
 主な城主:土肥氏、妻鳥氏、河上氏
 所在地: 愛媛県四国中央市川之江町大門
 訪問日:2011年10月30

 

讃岐、伊予、土佐を結ぶ交通の要衝である川之江には河野氏の川之江城があります。

川之江城は戦国時代、南朝方の武将である河野氏の砦の一つとして土肥義昌が延元2年(1337年)に築いた城です。その後城主は目まぐるしく変わり加藤嘉明の時代には廃城になりました。一時は本丸の石垣が僅かに名残をとどめるだけであったものを、川之江市の市制30周年事業として天守閣、楼門などを復興したものと言います。

川之江城の石碑
川之江城の案内板
大手門
大手門をくぐり本丸へ

公園の中の狭い道を登ると駐車場がありました。大手門から本丸の中に入ると正面にい大きな3層の天守閣、コンクリート造りの建物は資料館となっていましたが見るべきものは少ないようです。

本丸の中に天守閣
コンクリート造りの復興天主閣
天守閣から見下ろす本丸
雨に濡れる川之江の町
 Back