topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 今治城(吹上城、吹揚城)

 城郭の構造:輪郭式平城(海城)
 築城の時期:慶長7年(1602年)、藤堂高虎
 廃城の時期:明治6年(1873年)
 主な城主:藤堂氏、松平(久松)氏
 所在地:愛媛県松山市道後公園
 訪問日:2011年10月23日、2017年9月28日

 

今治城は慶長9年(1604年)、伊予20万3千石の大名、藤堂高虎が築城した海岸平城です。海水を引き入れる三重の堀をもつ城で日本三大水城の一つにも数えられています。

慶長14年(1609年)、高虎が伊勢国津城に移封となり、同時に天守は丹波国亀山城に移築されたと伝っています。寛永12年(1635年)には松平(久松)定房が入城し、以後、明治維新まで今治藩、久松松平氏の居城となりました。

明治維新の廃城令により解体破却され、現在の天守閣は昭和55年(1980年)鉄筋コンクリート造りで建てられたものです。

大手門から城内に入ると広い城内には藤堂高虎の銅像、中央には資料館となっている五層の天守閣がそびえています。天守閣の傍には吹揚神社が祀られていました。

今治城の城郭は観光用に再建されたもので往時の遺構は残っていないようです。再建された多門楼近くに大きな井戸が残っていますがそれ以外には往時を物語るものは見当たらないようです。

 訪問日:2011年10月23日

堀を巡らせた今治城
堀を巡らせた今治城
堀を巡らせた今治城
堀を渡り大手門へ
大手門
今治城の案内図
藤堂高虎の銅像
藤堂高虎像の後ろに天守閣
天守閣
天守閣
多門楼
大きな井戸

 訪問日:2017年9月28日

今治城の石碑
今治市街の案内板
堀をめぐらせた今治城
鉄御門
鉄御門と今治城の案内板
高麗門跡の案内板
鉄御門の礎石
礎石の発掘調査
今治城の案内図
山里櫓
鉄御門武具櫓
山里櫓の門
堀にかかる門と橋
山里櫓の門から見上げる天守閣
五層の天守閣
御欽櫓
蒼吹きの井戸
藤堂高虎像
今治城の案内板
天守閣の入り口
天守閣
天守閣からの展望
天守閣からの展望
 Back