topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 松山城(金亀城、勝山城)

 城郭の構造:梯郭式平山城
 築城の時期:慶長7年(1602年)加藤嘉明が築城に着手
 廃城の時期:明治6年(1873年)
 主な城主:加藤氏、松平(久松)氏
 所在地:愛媛県宇和島市丸之内
 訪問日:2011年10月21日、2017年9月27日

 

 訪問日:2011年10月21日

松山城は松山の中心にそびえる勝山の山頂に築かれた平山城です。日本に天守閣が現存する12の城の一つに数えられ、大天守と小天守を渡り廊下で結んだ連立式の城として日本三大連立式平山城にも数えられています。

松山城は賤ヶ岳の七本槍の一人、加藤嘉明が慶長7年(1602年)に築城に着手、城の完成を前に加藤氏が会津に移封されると蒲生氏がその後を継ぎ、寛永12年(1635年)には徳川家の親藩である松平定行が城主となり、以降幕末まで四国における親藩としてその歴史を刻んだ城です。

ロープウェイ駅近くの駐車場に車を停めロープウェイ駅へ。朝早くにもかかわらずすでに数台の観光バスが駐車していました。

松山の町は今、坂の上の雲のキャンペーンで賑わっています。日露戦争の時代を生きた連合艦隊の参謀、秋山真之や日本騎兵の父と言われる秋山好古、文学界に大きな足跡を残した俳人正岡子規はこの松山城下に育ったと言います。ロープウェイ駅には書生風の着物を着た若者が観光案内をしていました。

ロープウェイと並走していたリフトで山頂駅へ。ここからは広い公園の中を筒井門へ向かいます。筒井門は松山城の本丸を守る大きな門で、門のわきには隠し門もありました。

太鼓門をくぐると本丸です。広い本丸のサクラはそろそろ紅葉が始まりかけています。たくさんの観光客を相手に矢がすりを着た女性が観光案内をしていました。

天守閣へはいくつもの門をくぐって登ることになります。石垣に囲まれた曲がりくねった道を進んでいきます。見上げる楼や渡り廊下には石落としや鉄砲狭間などが設けられ、堅固な城郭としての工夫が施されているようです。

筋鉄門をくぐると天守閣です。鉄筋門は天守閣の最後の守りとしてより堅固に作られているようです。天守閣に入るとここも急な階段、中には加藤嘉明の甲冑や、松平定行の甲冑なども展示してありました。

加藤嘉明公の像
28サンチ砲のレプリカ
リフトで山頂駅へ
石垣の傍を登って行きます
石垣を説明する案内板
石垣のを廻ると筒井門
坂道の先に戸無門
筒井門をくぐると本丸
巽櫓の前に築城を説明する案内板
太鼓門
本丸から眺める天守閣
松山城のキャラクターはよしあきくん
鉄砲狭間の上に小天守
小天守の奥に大天守
小天守を廻ると一ノ門
小天守と大天守を結ぶ筋鉄門
狭い階段を上がると小天主
天守から見下ろす本壇
本丸には武具などが展示
天守閣から眺める松山の町
三ノ門
南隅櫓と北隅櫓を結ぶ十軒廊下

 

 訪問日:2017年9月27日

今回は東雲登城道を利用することにします。リフトと並行する道は20分ほどで長者ヶ平にたどり着くことができます。ここからはロープウェイで登ってきた観光客と一緒に本丸を目指すことにします。

本丸を囲むようにそびえる石垣は高さ10mほど、築城後修理などが行われていますが本壇の北側は築城当時の打ち込みハギ、南側は天守などが再建されたとき積みなおされた切込みハギの布積になっていると言います。

戸無門をくぐると筒井門、その隣には隠れ門があり城の防御を高めるための工夫がされたところです。筒井門をくぐると太鼓門、その先は広い本丸に続いていました。

本丸の奥には天守閣がそびえています。全国有数の規模を誇る連立式天守で、大天守と小天守、それを取り巻くように多くの櫓が建っていました。前回は天守を見たのち東雲口に下ったので今回は乾門から古町口に下ることにしました。

リフトに沿って長者ヶ平へ
長者ヶ平に案内板
揚木戸門跡の石垣
石垣の上は隠門続櫓
石垣の案内板
打ち込みハギの石垣
算木積みの石垣
待合番所跡から続く坂道
戸無門の案内板
戸無門
隠門の案内板
筒井門をくぐって
筒井門の脇に隠門
太鼓楼
隠門続き櫓
松山城の案内板
太鼓門
太鼓門の案内
本丸井戸
本丸の休憩舎
本丸紫竹門
本丸、本壇の案内板
小天守と一ノ門南櫓
紫竹門の案内板
乾門東続櫓
石垣の上に小天守
乾櫓、野原櫓の案内板
南隅櫓
北隅櫓
乾門東続櫓の案内板
乾門から見上げる小天守
乾門
乾門の案内板
乾門の先に小天守
古町口登城道
城山公園の案内
二の丸の石垣
城山公園の案内
城山公園の案内
堀の案内板
 Back