topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 足曳山両子寺(ふたごじ)

 寺社の種類:天台宗の寺院
 創建の時期:養老2年(718年)仁聞菩薩が開基
 本尊:阿弥陀如来
 所在地:大分県国東市
 訪問日:2011年6月3日

 

両子寺は国東半島の中央に位置する両子山の山腹に位置し、国東半島の六郷満山の中では中山本寺、すなわち山岳修行の根本道場です。江戸時代には杵築藩の最高祈願所となり、六郷満山の総持院として満山を統括する立場にありました。

曲がりくねった山道を登って行くと広い駐車場です。古い石段を登って行くと大きな護摩堂がありす。護摩堂の軒先には色とりどりの千社札を張りつけた額が掲げられていました。

駐車場脇には石灯籠
古い石段を登って行きます
境内に護摩堂
護摩堂の前には不動明王像
護摩堂の扁額
千社札の奉納額
境内に立つ水子地蔵
地蔵菩薩の脇には金田一春彦の歌碑
杉林の中を登ります
杉林の中の石段

護摩堂からは杉林の中を登って行きます。神仏習合の名残である石の鳥居をくぐると古い狛犬、まさに神社の雰囲気が残る石段を登ると奥ノ院です。石段の脇にはの古い国東塔もあります。

千手観音菩薩を祀る奥ノ院は舞台づくりで、見上げる岩山の下には石仏が祀られた岩窟もありました。

鳥居から石段を登って
厳つい顔の狛犬
厳つい顔の狛犬
国東塔
崖の下にも国東塔が
奥ノ院
千手観音が祀られる奥ノ院
奥ノ院の裏には暗い岩窟

境内には稲荷堂や三面大国堂、真新しい大講堂もありました。奥ノ院の途中からは百体観音や鬼の背割りなどの通り両子山の山頂へ向かうハイキングコースもあると言います。

舞台づくりの奥ノ院
杵築藩主側室の墓
阿弥陀如来を祀る大講堂
六郷満山峰入結願の地

六郷満山は国東半島にある寺院の総称です。養老2年(718年)に仁聞菩薩(にんもんぼさつ)が国東半島に28の寺院を開創し、6万9千体の仏像を安置したと伝えられています。天台宗の密教寺院と宇佐神宮の八幡信仰が融合し独自の山岳仏教が信仰され、現在でも両子寺を含む33の寺院が国東六郷満山霊場として順拝されています。

 Back