topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 長岩屋山天念寺(川中不動)

 寺社の種類:天台宗の寺院
 創建の時期:養老2年(718年)仁聞菩薩が開基
 所在地:大分県豊後高田市
 訪問日:2011年6月3日

 

国東半島は石仏の里とも呼ばれたくさんの石塔や石仏が立ち並ぶところです。国東塔と呼ばれる独自の形状をした石塔や磨崖仏など、それを取り巻くように国東の人々に根付いた信仰が息付いているところです。

天念寺は川中不動とも呼ばれ、大きな岩壁の下に茅葺造りの講堂と六所権現(身濯神社)の社が並んでいます。

大きな岩の下に天念寺
修正鬼会の舞台となる講堂
六所権現の社
身禊神社の扁額が掲げられています
岩屋の下には真っ赤な社殿
岩に掘られた磨崖仏

天念寺は鬼会(おにえ)の寺として知られています。鬼会は旧正月七日の夜、六郷満山寺院から集まった役僧たちの読経に始まり、長さ4mあまりの大たいまつに点火され勇壮な鬼の法舞が行われる行事です。

講堂の中には大きな松明、軒に掲げられたビデオでは鬼会行事が紹介されていました。

岩に掘られた磨崖仏
六ヶ所神社には大きな絵馬
天念寺の講堂
本尊は薬師如来
鬼会を紹介するビデオ
鬼会の大松明

長岩屋川の中には大きな岩に不動明王像が彫られています。制多迦童子矜羯羅童子を従えた不動明王は水害から守る願いを込め祀られたものと言います。

長岩屋川の中に川中不動
童子を従えた不動明王
旧国宝堂跡
天念寺の裏山に無明橋

天念寺の裏にそびえる天念寺耶馬と呼ばれる岩山は峰入が行われるところで、切り立った頂の先には無明橋と呼ばれる石橋がかかっていました。

 Back