topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 宇佐神宮(宇佐八幡、宇佐八幡宮)

 寺社の種類:式内社(名神大)、豊前国一宮、官幣大社、勅祭社、別表神社
 創建の時期:神亀2年(725年)
 社殿の様式:八幡造
 所在地:大分県宇佐市
 訪問日:2011年6月3日

 

宇佐神宮は全国に4万4千社あまりある八幡神社の総本宮です。祭神は八幡大神応神天皇)、比売大神神功皇后の三神で、伊勢神宮に次ぐ第2宗廟として皇室からの崇敬を受けてきたところです。

イチイガシなどの照葉樹の原生林は社叢(しゃそう)の森と呼ばれ、広い境内には朱塗りの本殿や外宮、若宮社、春宮社を始め多くの摂社が祀られています。

宇佐神宮の大鳥居
厳つい顔の狛犬
厳つい顔の狛犬
漂泊の詩人、山頭火の歌碑

駐車場に車を停め参道を進むと厳つい顔をした狛犬が我々を出迎えてくれます。

その先には漂泊の詩人と言われる山頭火の歌碑がありました。明治から昭和にかけての詩人で西日本を中心にさすらいの旅の中で多くの句を作ったと言います。かって周防の国分寺でも山頭火の歌碑を見た記憶が残っています。

神武天皇上陸の地の碑文
寄藻川を渡る赤い神橋
黒男神社の社
春宮神社(とうぐうじんじゃ)の社
祓所(はらいど)
赤い鳥居
社叢(しゃそう)の森を登る参道
西大門

朱塗りの橋をわたるとイチイガシに覆われる参道は一ノ鳥居をくぐり西大門へ。桃山様式の絢爛な楼門をくぐると朱塗りの本殿がそびえていました。

本殿は勅使門である南大楼門を中心に八幡大神を祀る一之御殿、比売大神を祀るニ之御殿、神功皇后を祀る三之御殿が並んでいます。本殿の中には春日社や住吉社などの摂社も祀られていました。

西門をくぐるとお札の授与所
一之御殿
本殿の中には春日社などの摂社
南中楼門
三之御殿
三之御殿の脇には住吉社
本殿脇に宇佐神宮の由緒
西大門

参道は石段を下社へと下って行きます。下社も本宮と同じ祭神を祀る神社です。地元では「下宮参らにゃ片参り」と言われているようです。

若宮神社
下社の一之御殿
下社のニ之御殿
下社
兆竹(さましだけ)
神具を収める高倉

境内の外れには護皇神社と大尾神社があります。古い石灯籠の建つ長い石段を登って行くと和気公之碑が建っていました。

和気清麻呂は平安時代の豪族で道鏡の天位託宣事件で活躍した人です。称徳天皇の皇位継承にかかわる御神託を得るため勅使として宇佐八幡宮に参宮した和気清麻呂は「天の日継は必ず帝の氏を継がしめむ」という神託を大和に持ち帰り奏上したと言います。これにより道鏡の政治的陰謀を阻止した和気清麻呂は忠臣の鑑として戦前の歴史教育に取り上げられていました。

小さな太鼓橋
珍しい形の石灯籠
大きな石灯籠
草むした石段
和気公之碑
護皇神社

和気公之碑に右には護皇神社の朱塗りの社が建っていました。左手に道は大尾神社へと向かうようですが時間も気になることから駐車場に戻ることにしました。

 Back