topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 英彦山神宮

 寺社の種類:官幣中社・別表神社
 創建の時期:不明
 社殿の様式:−
 所在地:福岡県田川郡添田町
 訪問日:2011年5月30日

 

英彦山は羽黒山、熊野大峰山とともに日本三大修験山に数えられ修験道の山です。また高尾山鞍馬山迦葉山などとともに肥前坊と呼ばれる天狗が住む山と伝えられています。

石畳の参道
曼珠院跡
了乗坊
松養坊

明治の廃仏毀釈により天台山伏の本山であった霊仙寺は分離され英彦山神社になりました。

石畳と石段の参道を登って行くと両脇にはたくさんの僧房が建っています。今なおお客を迎い入れている所もあるようですが、苔むした石垣が残っている所も多いようです。

英彦山の石鳥居
報恩寺跡には宝篋印塔
江戸時代に建立したと言う宝篋印塔
智楽院

また杉林の中には苔むした石垣や古い宝篋印塔も残っています。この参道は今なお古い歴史が息づいている所です。

 
秀学坊跡
顕揚坊
招魂社には幕末の志士を祀る

たどり着いた奉幣殿とよばれ朱塗りの拝殿には大きな鈴が掲げられています。山岳信仰の山として栄えた英彦山の歴史を物語るように鳥居の脇には鐘楼も残っていました。

奉幣殿の拝殿
鐘楼は神仏習合の跡
英彦山の案内板
大きな鈴を掲げる拝殿
拝殿
社務所の脇に神水

英彦山は北岳、中岳、南岳の3つの頂を持つ山です。奉幣殿から続く参道には下社、中宮(中津宮)が祀られ、中岳の山頂には上宮が祀られています。

また参道の途中には産霊神社が祀られています。ここは行者堂とも呼ばれる社で修験道時代には役ノ行者の木像が安置されていたところです。

上社に向かう参道
下社の社
中社(中津宮)の社
中社(中津宮)の社
産霊神社(行者堂)
小さな社脇に水場
中岳に上社の社
英彦山神宮の扁額
上社
南岳に石祠

南岳から奉幣殿へと向かう山道の途中には玉屋神社があります。ここは法蓮上人が修行したと伝えられる岩屋で傍には不増不減の清水が湧き出しています。案板によると大和の金剛山、近江の竹生島とともに日本三大霊水の一つと言います。

石像もあります
玉屋神社
不増不減の清水
般若窟の扁額が掲げられて
 Back