topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 小倉城(勝山城、指月城)

 城郭の構造:輪郭式平城
 築城の時期:戦国末期(1569年)毛利勝信が現在の地に築城、慶長7年(1602年)細川忠興が改修
 廃城の時期:慶応2年(1866年)
 主な城主:細川氏、小笠原氏
 所在地:福岡県北九州市小倉北区
 訪問日:2011年5月27日

 

小倉城は江戸時代の初め毛利勝信が現在の城郭を築き、そののち細川忠興が南蛮風の天守閣を建てたと言います。細川氏が肥後に移ると徳川譜代の小笠原氏が藩主となりました。

第2次長州討伐では小倉藩と長州藩の戦闘で落城しました。高杉新作の騎兵隊が活躍したのはこの時のことと言います。明治に入ってから陸軍の第十二師団司令部が置かれました。

小倉城の案内板
大きな石を積み重ねる石垣
槻門跡
天守閣への入口
天守閣
本丸跡にあった茶筌塚

大きな石を積み重ねた石垣を回り込むように城内に入ると松林の中にコンクリート造りの天守閣がそびえています。松林の中には筆塚や生け花に関する石碑などがあります。

大きな筆塚
陸軍12師団の正門跡
陸軍12師団司令部跡の石碑
城内には山砲
青く水をたたえるお堀
お堀の先にはビル街

赤レンガの門跡は第十二師団の正門跡とか。高瀬舟、阿部一族などの作品を残した明治の文豪森鴎外も陸軍の軍医としてこの門を通っていたのでしょう。

天守閣は資料館となっているようですがまだ開館には時間があるようです。とりあえず近くの八坂神社を参拝することにしました。

 Back