topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 岡山城(烏城、金烏城)

 城郭の構造:梯郭式平山城
 築城の時期:正平年間(1346〜1369年)名和氏の一族上神高直が築城、その後宇喜多秀家小早川秀秋、池田忠雄が改修
 廃城の時期:明治6年(1873年)
 主な城主:宇喜多氏、小早川氏、池田氏
 所在地:岡山県岡山市丸の内
 訪問日:2011年5月28日

 

岡山城は烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)とも呼ばれる平山城です。戦国時代の武将、宇喜多氏の居城で、関ヶ原の戦い以降は東軍に与した小早川氏が入城しました。小早川氏が断絶になると池田氏が入城して整備拡充が行われました。

明治の廃城令で楼門の多くは取り壊され、太平洋戦争の空襲で天守閣などが焼失しました。戦後、コンクリート造りの天守閣、不明門、廊下門、塀などが再建されています。

内下馬門跡に烏城公園の石碑
大きな石を積み重ねた石垣
見上げる石垣
見上げる石垣

そぼ降る雨の中、掘りの脇を通り城内に入ると大きな不明門です。ここを入ると本丸でその先に黒い壁に包まれた天守閣がそびえていました。天守閣の中は宇喜多氏、小早川氏などの資料を展示する資料館になっています。資料館の中には八丈島に流された宇喜多秀家にまつわるビデオも上映されていました。

石段を登って不明門へ
不明門をくぐります
天守閣の礎石
コンクリート造りの天守閣
天守閣の中は資料館
天守閣から眺める後楽園

岡山城の石垣は野面積み切り込みハギ打ち込みハギと3つの積み方を見ることができます。宇喜多氏が構築した石垣は野面積み関ヶ原の戦い以降、小早川氏、池田氏が修復、拡充した石垣は打ち込みハギなど新しい技法を取り入れたようです。高知城などに比べ技術的にも高度な築城が行われていたようです。

表書院跡
大納戸櫓跡 から眺める城内
大納戸櫓跡 から眺める城内
石垣の上に不明門
 Back