topimg

あの頂を越えて

城址探訪

~日本の城を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~城址探訪:日本の城を訪ねて~

 高知城(大高坂山城、河中山城)

 城郭の構造:梯郭式平山城
 築城の時期:南北朝時代大高坂松王丸が築城、慶長8年(1603年)山内一豊が改修
 廃城の時期:明治4年(1871年)
 主な城主:山内氏
 所在地:高知県高知市丸ノ内
 訪問日:2011年5月27日

 

高知城は関ヶ原の戦功により徳川家康から土佐24万石を拝領した山内一豊の居城として慶長6年(1601年)から10年の月日をかけ築かれた平山城です。

享保12年(1727年)の火災で城郭は焼失したもののその後再建され、明治の廃城令、太平洋戦争の戦災の危機を乗り越え南海道随一の名城としてその姿を今に伝えています。

山内一豊の騎馬像
お堀に影を落とす隅櫓
追手門
追手門の上に天守閣

高知城前の駐車場に車を停め、お堀沿いの遊歩道を進むと騎馬姿の山内一豊の像がそびえていました。

境内には板垣退助像
三ノ丸へ続く道
石垣の脇を三ノ丸へ
石樋で水の対策をした石垣

追手門から場内に入ると広い石段の道が続いています。土佐が産んだ自由民権運動の指導者板垣退助やNHKの大河ドラマ功名が辻で知られる山内一豊の妻、千代の銅像が建っていました。

功名が辻でお馴染の千代
詰門
石垣の上に天守閣
野面積み石垣

古い&link#Nozurazumi&野面積の石垣には雨の多い高地地方の気候に合わせ排水のための工夫も取り入れられています。最近、修復した三ノ丸の石垣では往時の工事の手法や修復の過程が紹介されていました。

天守閣
詰門を渡り本丸へ
本丸御殿と天守閣
物見の狭間

石垣に沿って階段を登って行くと詰門です。ここから本丸の中に入ると本丸御殿、その上に天守閣がそびえていました。

本丸内の石落とし
天守閣から見下ろす場内
本丸庭園
三ノ丸の石垣

この天守閣は築城当時の様式を今に伝えるもので、全国に残る12の木造の天守閣の一つとして国の重要文化財に指定されています。

 Back