topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 土佐神社

 寺社の種類:式内社(大)、土佐国一宮、国幣中社、別表神社
 創建の時期:雄略天皇の治世
 社殿の様式:入母屋造
 所在地:高知県高知市一宮しなね
 訪問日:2011年5月27日

 

土佐一宮神社は雄略天皇の時代に創建されたという古い神社です。現在の社殿は四国平定を祈願し長宗我部元親が元亀元年(1570年)に再建したものと伝えられています。

大きな鳥居をくぐり表参道を進むと正面に入母屋造りの大きな本殿が建っています。本殿左の末社三社には事代主神社、西御前神社、大国主神社が祀られています。

土佐神社の大きな鳥居
入母屋造りの拝殿
拝殿
本殿左の末社三社

本殿に右手には輪抜払所がありました。古い杉の神木の中を通り抜けることにより心身が清められると言います。

その先に流れる小さなしなね川は禊川とも言われ、禊に使われる禊石があります。また境内の外れのつぶて石と呼ばれる大きな岩には締め縄が張られていました。古代にはこれを磐座として祭祀が行われていたと言います。

輪抜払所
しなね川には禊石
摂社の厳島神社
境内のつぶて石

土佐風土記や続日本書紀に登場する神社と言うこともあり、境内には今も古い歴史が流れているようです。

 Back