topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 神峯神社(こうのみねじんじゃ)

 寺社の種類:県社
 創建の時期:伝・神武天皇時代
 社殿の様式:−
 所在地:高知県安芸郡安田町
 訪問日:2011年5月26日

 

杉木立に覆われら神峯寺の裏手には神峯神社があります。急な石段を登って行くと享保3年(1718)の建立と言われる古びた神殿が建っています。その参道には厳つい顔をした狛犬が我々を睨んでいました。

社殿によると神功皇后が三韓征伐のとき天照大神その他の神々をこの地に祀って戦勝を祈念し、のちに行基菩薩十一面観音像を刻んで神仏を合祀したと言われています。

明治の廃仏毀釈により神峯寺は一時廃寺となりましたがその後再興され、現在の神峯神社は神峯寺の奥ノ院と位置付けれれています。

神峯神社の石の鳥居
神殿には急な石段
神峯神社の扁額を掲げる拝殿
砲弾が奉納されています

社殿の裏手には燈明巌と名付けられた大岩や、大樟もあると言いますが雨模様の空の下ではあまり時間をつぶすわけにはいきません。車を停めた駐車場に戻り高知への道を急ぐことにしました。

境内の摂社、龍田神社
境内の摂社、龍田神社
 Back