topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 迦葉山弥勒寺

 寺社の種類:曹洞宗の寺院
 創建の時期:嘉祥元年(848年)、円仁が創建、康正2年(1456年)に曹洞宗に改宗
 所在地:群馬県沼田市上発知町445
 訪問日:2011年4月24日

 

迦葉山の中腹に鎮座する迦葉山は高尾山薬王院鞍馬寺とともに日本三大天狗の寺に数えられる古刹です。参拝の際には中峯堂から天狗の面を借りて帰ると言うお借り面の習わしがあるお寺です。

県道から一方通行の狭い舗装道路を登って行きます。たどり着いた駐車場には車も少なくこの時期訪れる参拝客は多くありません。

参道を登って行くと本堂
境内にはカラス天狗の石像
境内にはカラス天狗の石像
千手観音の石像
薬師如来の石像
百万燈が奉納される中峯堂

参道を登って行くと本堂です。境内には天狗の寺と言うこともありカラス天狗の石像のほか千手観音薬師如来の石像なども祀られています。

中峯堂に入ると大きな天狗の面が参拝客を見下ろしています。真っ赤なその顔は迫力満点です。

天狗の羽団扇が奉納される中峯堂
見下ろす大きな天狗の面
見下ろす大きな天狗の面
見下ろす大きな天狗の面
お借り面
お返し面

正面にはお借り面と、奉納されたお返し面が祀られていました。お借り面はほかの寺院では見たことのない面白い習わしです。

迦葉山の山頂には中雀門から階段を登って行くことになります。中雀門は回廊の下を階段でくぐるようになっています。

中雀門
迦葉尊堂
開山堂
崩れそうな石塔
木立の中に鐘楼
雪独水の中にミズバショウ

急な階段の上には迦葉尊堂や開山堂などの古いお堂があります。林の中には山頂へと登って行く登山道も続いていました。

 Back