topimg

あの頂を越えて

寺院参拝

~お寺を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~寺院参拝:お寺を訪ねて~

 待乳山本龍院(待乳山聖天)

 寺社の種類:聖観音宗
 創建の時期:推古3年(595)年
 札所:江戸七福神
 所在地:東京都台東区浅草
 訪問日:2011年4月15日

 

待乳山聖天は浅草寺の子寺で関東三聖天の一つに名前を連ねています。また江戸七福神の一つ、毘沙門天を祀るお寺です。聖天は天部に属する仏教の守護神で大聖歓喜天、象鼻天(ぞうびてん)などとも呼ばれ、像の頭をもつ男女2体の立像が抱擁している仏像には珍しい姿として仏像写真集などにも紹介されています。

本堂にはたくさんの大根が奉納さえていました。待乳山聖天のご利益を大根と巾着であらわしているとか。何か密教的な匂いの感じるお寺です。

待乳山聖天の境内
待乳山聖天の本堂
たくさんの大根が奉納されています
境内の宝篋印塔

境内には古い宝篋印塔がありました。宝篋印塔は平安時代から造られたと言う石塔の一つで、笠の四隅に飾り突起が付けられるのが特徴とか。室町時代以降には供養塔だけでなく墓石としても造られたようです。

江戸時代の古い土壁
浴油供養の案内板

境内の壁は江戸時代の古い壁と言います。土壁に瓦を入れた壁は普通の土壁より強度があるのでしょう。熱田神宮に織田信長が奉納した土壁も同じように瓦が積み重ねられていました。

 Back