topimg

あの頂を越えて

神社参拝

~神社を訪ねて~

あの頂を越えて

homeBtn backBtn

~神社参拝:神社を訪ねて~

 赤城神社(大洞赤城神社)

 寺社の種類:式内社(名神大)論社、上野国二宮論社、旧郷社
 創建の時期:-
 主祭神:赤城大明神、大国主命磐筒男神、磐筒女神、経津主神豊城入彦命
 社殿の様式:-
 所在地:群馬県前橋市富士見町赤城山4-2
 訪問日:2010年11月20日

 

赤城山は黒檜山、地蔵岳、長七郎岳などの山々から構成される古い火山で、山中には大沼、小沼などの火山湖があります。

赤城神社は大沼の中の小島、小鳥ヶ島に祀られた神社で、古い名神大社の一つ勢多郡 赤城神社の論社の一つと言われています。

大沼を渡る朱塗りの橋
赤城神社の参道

ここを訪れたのは長七郎山と地蔵岳に登った帰り道です。湖畔の駐車場に車を停め真っ赤な橋を渡り社殿に参拝しました。社殿には参拝客のほか、黒檜山から下ってきたハイカーの一団も参拝していました。

赤城神社には願かけのため湖にひ鯉を奉納する信仰があるとか、橋の上から湖面を覗き込むとたくさんの鯉が群がっていました。

赤城神社の社殿
関連記録・コース
TAG:g赤城神社
 
 Back